[PR] 消費者金融
暴落相場ドテン買い
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京駅 八重洲口 午前5時52分 ~ペンタゴン日月抄~
二日連続なんて久しぶりですね。

ご機嫌麗しゅうt-ash(b)です。

本日のタイトルはドイツの映画監督ファスビンダーの

『ベルリン・アレクサンダー広場』(1979/80)

という作品を頭の片隅においてます。

上映時間はナント15時間半!(900分以上!)

ワタクシ昔、渋谷でベルトルッチの『1900年』完全版を観に行きましたが、

それでも316分でしたから、

この3倍の映画となると大変です。

これを連続上映した映画館がありまして・・・(中略)。


書くともう着地点が見つからない状態になりますね(笑)。


さて、ワタクシご存じの通り東京は中央区勤務でございます。

この時間の日本橋はこんな感じですが、

東京都中央区日本橋午前5時55分
《東京都中央区日本橋午前5時55分》

ここと東京駅の間の地区にはいい感じの飲み屋街があって、

その場所だけはその時間も “夜の残り香” のようなものがあります。

今朝も居酒屋の店先に体育座りした男女が罵り合ってました。

お互い体育座りしたままで・・・。


無いとは申しませんが、そういう経験をほとんどしてないので


若いっていいナァ


って思います。


今はメチャメチャ夜更かししても23時。

朝は3時起きですからこういう世界はトンとご無沙汰なのでございます。



さて昨日はコーンだけペンタゴン(もどき)をお届けしましたが、

今日も上げておきましょうか。

東京コーン日足(6月9日)
《 東京コーン日足(6月9日) 》(クリックで拡大)

時間の逆行を起こしてます。

だいたい今日で44800±50円くらいのところ、

この辺が限界点でしょう。


もしペンタゴンの大きさと日柄の取り方を間違えていなくての逆行であったなら、

近いうちに地崩れのような下げがありますが、

ここは謙虚にペンタゴン間違いであったとみて

誠実に分析のし直し書き直しでございます。



さてここからが本論(前置きが長いな~)。

先ずはNY金から。

NY金週足(6月2日)42本
《NY金週足(6月2日)42本》(クリックで拡大)

大勢はピンクのチャネルラインのなかで今は青のトリの足。

900ドルを挟んでの展開ですね。

トリの足下部の下限は850ドルあたりなんですが、

移動平均線と併用してみるとあれかな、

 890±2ドル くらいが買い場かなと思います。

それ以下であればなおよろし。

陰線で買い方針は継続です。



続いて東京市場ですが

東京金週足(6月2日)42本
《東京金週足(6月2日)42本》(クリックで拡大)

前回同様、ザックリ3000±150円の範囲です。

上の緑の交点は3280円くらい。

その価格まで今月は行かないと思います

下の交点は2770円。これも行きません。

私見ながらオレンジの円が一目の雲の前にクッションになるかなと。

さすれば下限を下方修正して

2950円±50円ってあたりで買えたらいいね

ってことで、もっと有体に言うと

3000円以下があったら買えばよかろうもん

という事です。


いいところで買おうなんか思わないで、


資金余裕を持って買うことですね。


おそらく次のペンタゴンはオレンジの円のところにできるでしょう。


続いて原油です。
NY原油週足(6月2日)42本
《NY原油週足(6月2日)42本》(クリックで拡大)

ローソク足が用紙を突き破ってしまいました。

見得ない位置なのですが今週、来週における青のトリの足の上限部分は

140.58ドルのあたりです。

ここを超えきれなければ一回修正が入るでしょう。

但しまだ売ってはいけません。

二番天井を確認してからにしてください。

ワタクシのコーンでの失敗は

二番天井であったものがまだ一番天井だった

これにつきます。


慎重に参りましょう。



ゴムに参りましょう。
東京ゴム週足(6月2日)42本
《東京ゴム週足(6月2日)42本》(クリックで拡大)

ペンタゴン上、今週が天王山です。

今週は価格位置が大きな緑円で示した頂点にあります。

これはさすがに行かないと思います。

さすれば上げの日柄は一杯一杯と言えるのです。

青のトリの足中央部339.7±0.8円を現在価格は行ったり来たりしてます。

ペンタゴンのまん真ん中の位置なので弾かれるか吸い込まれるかもわかりません。

私会社の出してる週報には“逆張り”と書きました。

わかりませんもの。

今から20円、すなわち316円±2円程度の値位置なら買ってもいいですが、

すくなくとも330円台では買いたくありません。


チキン野郎といわれても構いません。

買い玉は減玉ないし手仕舞いして休んでください。



最後は為替です。

東京為替週足(6月2日)42本
《東京為替週足(6月2日)42本》(クリックで拡大)

今これを書いている6月10日の為替は106.70円くらい。

一時106.85円くらいまで行ってますね。

青のトリの足の端境期ですから単純に円安であるとは言いたくありません。

経験則上、円安では間違いないのだけどストンと揺さぶりがある時間帯、

それがペンタゴン端境期であると感じています。

転換線と基準線と移動平均線から考えて

104円あたり(割れればなお良し)があれば

ドル買い出動!

ってぇ印象を覚えます。


6月19日の水星逆行までは“あくまで逆張り”的な発想で望んでいただきたい。



以上です。


さて、この調査部にきて3ヶ月目。

徐々に狭い机を効率よくすべく、

東京中央区の再開発を進めてまいりましたが

東京駅の再開発よりも先にこちらの再開発のほぼ目処が立ちました。
t-ashヒルズ東京


電話2台、パソコン2台、モニタの下には銘柄ごとのデータノートが入ってます。

近隣住民の皆様との粘り強い交渉の結果、高層複合施設の開発に成功しました。

残るは空調、環境問題だけですね。

デベロッパーとしての腕がなります。


昨日はちょいと愚痴りましたが、

そんなの気にするより相場の修行が先です。

ちっちゃい権力闘争とおしくらまんじゅうよりも

お客様や読者様のお役に立てるように精進する事の方が

社会的意義がありますもの。



という事で今週はこの辺で。


ゴキゲンヨウ。


また来週。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント
はじめまして
拝見させていただきました。

コメント残しますね。

また訪問させていただきます。

不適切なコメントでしたらお手数ですが削除お願いします。
【2008/06/18 00:41】 URL | シュウ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。