[PR] 消費者金融
暴落相場ドテン買い
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」第一楽章 ~新ペンタゴン日月抄~
そんなにブレイクしなかった「ヘタリア」ではありません。

「イタリア」です。

今日はこれを聴きながらお読みいただきましょうか。





最近はちょいと探せばトスカニーニの指揮する演奏が聴けるから素晴らしい時代になったものです。

あくまで聴く側にとってのみの話ですが・・・。


あ、どうも


高さ13cm、450gもハンバーガーを3分で食べる男


t-ash(b)でございます。

まあ、上の文字をクリックして読んで戴ければ判りますが、

最近はおかげさまをもちましていろんなところへ出没させていただいております。


たかりにではありません、  お仕事です!

弁解させていただきますと、味わってはいるんですよ、

ただヒトより速いだけなのでございます、食べるのが・・・。


にしても酷い書きっぷりですね(笑)。

どうしてもおもしろーくしてしまおうとする関西人の  を垣間見ましたね。

カッチリ仕事はさせていただくのが一宿一飯の恩義、


来週も助太刀仕り候



と、冗談ははさておき、

ワタクシこのお方には大変お世話になっております。

分析人として、相場師として見るべきポイント、気をつける点などなど、

(特に為替の予想は非常に細かい変動まで的確に予測されておいでです)


押忍!勉強させて戴いております 押忍!


あ、そうそうこのお方、

最近このブログに登場するフィボナッチファンラインの師匠にあらせられます。

ご興味のある方は覗きに行ってくださいませ。




さて、先週の予想通りに価格が動いてきている感じですね。

おさらいして見ましょう。

ただしあんまり時間がないのでNYのみです。

前回のチャートはこれ

ファンラインNY金(6月3日)《ファンラインNY金(6月3日) 》(クリックで拡大)

前回は「下値は930ドルくらい」と書きました。

今回このラインにもうひとつ小さなラインを引くことが出来ます。


ファンラインNY金(6月8日)《ファンラインNY金(6月8日)》(クリックで拡大)

4月30日につけた880.1ドルから6月3日の992.1ドルまで112ドルの上昇。

これをフィボナッチで分割して線を引く。

現在は38.2%押しの場面ですね。

仮にこれ以上下がっても緑の円で囲んだエリアが強力なサポートラインになる物と思えます。


940±5ドル といったところでしょうか。


さて、それをふまえたペンタゴンですが、


先週はこんな感じ・・・。

NY金ちょい修正ペンタゴン(6月3日)《NY金ちょい修正ペンタゴン(6月3日) 》(クリックで拡大)

先日のとちょっとずれてますが、ザックリとごらん戴きたい。


ちょいちょい修正ペンタゴンNY金(6月8日)《ちょいちょい修正ペンタゴンNY金(6月8日)》(クリックで拡大)


青のトリの足の位置関係は変わりませんが、

もう少し細分化できると思ったので書き足してみました。

現在、青のトリの足下部の中で、

おそらく現在 ペンタゴン内ペンタゴン に吸い込まれているものと考えます。

しかし、このペンタゴン内ペンタゴンの中にも交点と赤のトリの足が存在しており、

ここを割れない限り、価格は近日中に弾かれて再度中心から外れていく事でしょう。

即ち930ドルゾーンです。

そのとき、時間の逆行ゾーンからは外れるので、

値幅的にも日柄的にも波動的にも

次の目標ポイントは1,000ドルを越えた先にあります。



いずれにせよ、現在の価格は940ドル台。


下がって10ドル。


ならば押し目買い。


という論法になるわけです。


資金配分を十分に、長期的視点で考えれば、


今は売りではなく買いと考えます。


そんなところでしょうか。


え、東京?

当然買いです。


下落上等!夜露死苦!

てな感じでしょうか。

150円くらいの下落なんざ何のそのの発想で、

2,900円台は


相場の神様ありがとう!


と言って買いだとおもいます。



以上です。



拙者、急いでオモテ稼業に戻らねばならぬゆえ



これにてドロンにござる。




みなさまごきげんやう。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。